Homeミネラルファンデーションとは > ミネラルファンデーションと一般的なファンデーションの違いは?

ミネラルファンデーションと一般的なファンデーションの違いは?

ここではミネラル100%、もしくはほぼ100%のミネラルファンデーションと、一般的なファンデーションの比較をしてみることにします。

一般的なファンデーションには、化粧ののりをよくしたり、見栄えを良くする為に、水分や油が含まれています。

化粧品に含まれる水分や油。これが肌の酸化の原因なのです。
(肌の酸化とは、肌がサビて、しみやしわがたくさん出来ることです。恐ろしや・・・)

他にも色々入っています。

まずはシリコン
艶を出したり、滑らかにする働きがあります。シリコンが入っていると、ファンデーションが肌にしっかり密着するのですが、クレンジングもしっかりしないといけないため、肌が乾燥したり、皮膚が薄くなって敏感肌になります。

タルク
すべすべした肌触りする働きがあります。
アレルギーが報告されていたり、化学成分自体がアスベストと同じなので、吸い込むと良くないと言われています。

合成界面活性剤
ほとんどの化粧品に含まれます。
洗剤を顔に塗るのと同じです。肌によくないのがわかりますよね。

パラベン
防腐剤の役割をします。
アレルギーの恐れがあるため、入っていないに越したことはありません。

こういった肌への負担、刺激となるものが純度の高いミネラルファンデーションには含まれていません。

メイクを落とすのも、普段使っている洗顔石鹸でよくて、クレンジングを使う必要が無いので、肌に優しいんです。





関連記事一覧


コメントを書く







コメント内容




Copyright© ミネラルファンデーションナビ〜どれがいいか迷ったら All Rights Reserved.