Homeミネラルシルクパウダーファンデーション > ミネラルシルクパウダーの悪いところ3 パフが使いにくい

ミネラルシルクパウダーの悪いところ3 パフが使いにくい

ミネラルシルクパウダーは、パフを使って付けるタイプのファンデーションです。

このパフは、柔らかくてふわふわで肌触りがとても良いです。
ですが、ケースとの相性が悪いようで、なかなかうまく使えません。

ミネラルシルクパウダーのケースは、結構深め。
それにパフを押さえて、粉を付けるんですが、かなりケースの奥のほうまで
パフを押し込まないと、パウダーが付いてきません。

思うようにパウダーが付かず、パウダーをパフに取るまでで結構苦労します。

取ってからも、パフで数回押さえたくらいでは、毛穴が隠れません
ですので、結構何回もはたかないと綺麗になりません。

また、このパフが小さめなので、顔全体に塗るにも時間がかかります。

苦労してパウダーをパフに取り、それを一箇所に何回もはたき、小さいから顔全体に何回も分けて塗る・・・

かなり時間も手間もかかります。

もう少し、ケースの横幅を大きくして浅くし、パフを大きくすれば手間も時間もかからなくなるんでしょうが・・・

パフの肌触りがいいだけに残念。改良希望です。

シルクパウダーファンデーションの詳細を見る





関連記事一覧


コメントを書く







コメント内容




Copyright© ミネラルファンデーションナビ〜どれがいいか迷ったら All Rights Reserved.